Aug 8, 2015

高いゴール・現状の外のゴールを早いうちから掲げるメリットとは?


現状の外にゴール設定するメリット

行動をすることで、どんどん明確になってくる

質問者: 今日も、よろしくお願いします。昨日、あるピアニストのコンサートに行ってきました。すっごくよかったです。

石川: そうなんだ。それは、クラシック系の?バッハとか?

質問者: はい。あとは19世紀のロシアの作曲家の曲も、ありました。

石川: ちなみになんていう作曲家?

質問者: ストラヴィンスキーと、ムソルグスキーです。19世紀のロシアってこんな感じだったんだろうな、って思いました。私の勝手な妄想かも知れないですけど。すごくよかったです。

石川: いいね。ストラヴィンスキーは、すごい世界観だよね。

質問者: そうですね!それから、最近、スタンウェイピアノのスタジオも、1回行ってきました。すごく、いい音でした。

石川: そうだよね。グランドピアノ?

質問者: はい。それで、ただ、ピアノを演奏するだけじゃなくて、世界観が伝わるような演奏をしたいな、と思いました。

石川: なるほど。だんだん明確になってきたね。

質問者: そうですね。

「ゴールは大は小を兼ねる」。早く始めたほうがお得!

石川: だって人生あと何年もあるもんね。その間に、極めようとすれば、やるかやらないかで、全然違ってくるよね。

質問者: そうですね。

石川: あとは高いゴールを設定して、早くやり始めたほうが、お得だよ。「ゴールは大は小を兼ねる」だから。

質問者: そうですね。ひとまず、小さいホールみたいなのを借りて、バッハだけでも何曲かピックアップして、やってみたいなと思います。

石川: うん、いいじゃん。

質問者: はい。

石川: どんどん自分から企画して、やっていくといいよ。

質問者: そうですね。割と近くにち小さめのホールもあったので、やろうかなぁと。誰か来てくれるかは…。友達とか来てくれるかな。

石川: まずやってみて、それでそれを自分の実績・コンテンツにして、次につなげていけば大丈夫。

質問者: そうですね。

未来の時間を皮算用すれば、ワクワクが止まらない

石川: でもよく考えたら、2週間ぐらい前は、バッハのピアノを弾いてみたいって、ずっと言ってた段階で、スタジオ探しをしてたもんね。

質問者: そうですね!

石川: 2週間後にはもう、その次は小さなホールを借りてやりたい、ってなってるもんね。

質問者: そうですね!

石川: これ、3年後になったらどうなる!?って話だよね。

質問者: ほんとですね!もしかして、世界中ツアーで周ってたりして!(笑)

石川: そうそう、ほんとそうだよ。そのうち、プロの音楽家とかと交流することになるだろうし。だって2週間でこれだよ。

質問者: そうですよね!

石川: うん。でも、小さなホールで演奏することも、もう現状の内になってきたじゃん。お客さんが来るか来ないかは別として。

質問者: そうですよね。ホールを借りるのも、割と手頃な金額で、もうできるじゃん、と思って。

石川: そうだね。かなり見えてきたね。

質問者: そうですね。あとは、聴かせられるだけに練習して…

石川: そうそう。先にゴール設定してね。

質問者: そうですね。ありがとうございます。

 

聴き手(質問者)と文章の書き起こし担当: yoshida

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

 

LINEでシェア!

LINEいいね!する↓


LINEで送る↓

LINE@で相談!

LINE@で友だち登録すると、コーチ石川直樹に直接相談ができます。

マナーなど配慮されたメッセージには可能な限り返信しています。

友だち追加ボタンはこちら↓

 

【オンライン動画講座】ホメオスタシス書き換え技術7ステップはこちら

2016-9-header2016-9-contents2016-9-yajirushi2016-9-touroku





関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA