Dec 2, 2016

【音声】ゴールの「何」と「何故」を ストレスなく育てるには?!


「没頭したい趣味は何となくあるけれど、いろいろ制約があって腰が重い…」という時も少し情報収集するだけで世界が広がる

こんにちは!

あなたのホメオスタシスを書き換えて
”努力なし”で「起業、お金、恋愛」
のゴールを自動達成するまで導く、
ホメオスタシス書き換えコーチ
石川直樹です。

昨日ご紹介したワークは実践された
でしょうか??
以下のことを自問して紙に書き出して
「無いこと(欠如)」によって生じる
スコトーマについて考えてみてくださいね!
★★★★★ワーク★★★★★★★

「何が自分の可能性を奪っているか?」

「どうすれば自分の可能性は飛躍的に上がるか?」

★★★★★★★★★★★★★★★
詳しく解説した記事はこちら

さて、連日コーチング音声を発信しております!
今回は、

ゴールの「何」と「何故」を
ストレスなく育てる方法
についてシェアしたいと思います!

音声はこちら↓

「【音声】ゴールの「何」と「何故」をストレスなく育てるには?! 」

 

文字バージョンはこちら↓

■ピアノ始めました
最近、ピアノを始めました。
僕はジャズピアノ、クラシックのピアノ作品を

好きでよく聴いていて、

「ピアノの音色ってなんでこんなに美しいんだ」

と思ってはいるものの

これまで自分で弾こうとは思っていませんでした。

個人的には、

「ピアノって鍵盤もいっぱいあって
音色も美しくて、歴史が深くて、
ずるい楽器だなぁ」

とさえ思っていました。(笑)
それが、

何故か最近になって思い立ち、

好きなエリック・サティのジムノペディに
チャレンジしてみたんですね。

 

■ゴールの「何」と「なぜ」を育てる○○と○○

ジムノペディについては、

僕はオランダのピアニストの
ラインベルト・デ・レーウという人の
演奏が好き(というかそれ以外の
演奏は興味がないくらい)なので、

ラインベルト・デ・レーウのように
弾くようチャレンジしてみたんですが、
全然弾けないわけです。

幼少期にピアノを習ったわけではないですし、
学校の音楽の授業くらいでしか
触ったことが無いわけですから、

当然と言えば当然なのですが、
自分の弾けなさにびっくりしてしまいました。

なぜなら、自分の耳の中(頭の中)では
完成していたからです。

そのときに、気付いたことがあります。

★★★★★★★★★★★★★★

「好き」とか「憧れ」でいることは
ゴールの「何」と「なぜ」を育てる
ことにつながる

★★★★★★★★★★★★★★

ということです!

 

先日のコンテンツで、

ルー・タイス著『アファメーション』
の中で

「ゴールの『何』と『なぜ』に投資する
と『どうすれば』は自然と見えてくる」

ということについて詳しく解説しましたが、
その答えがここにあるのではないかと
思います。

■「ゴールの『何』と『なぜ』に投資する」とは?!

「好きこそものの上手なれ」

とは本当によく言ったものです。

改めて、あなたの

「好き」とか「憧れ」はどこに
あるでしょうか??

どんなことに、「好き」とか「憧れ」
という感情を抱くでしょうか??

これを考えることで、

ルー・タイスの言う

「ゴールの『何』と『なぜ』に投資する」

ことがどういうことなのか
ストレスなく実践することができる

と僕は思います。

今回は、

「好き」とか「憧れ」でいることは
ゴールの「何」と「なぜ」を育てる
ことにつながる
ということについてお伝えしました!
あなたも是非参考にしてみてくださいね!

【オンライン動画講座】全7回の動画講座+8つの特別特典がついてくるコーチング講座はこちら!

LINE友だち追加特典プレゼント中!

LINEを友だち追加していただくと、最新記事を最速で読むことが出来ます。

さらに、友だち追加してくれたお礼に、特別特典『あなたの本当にやりたいことを明確化してビジネスに変え、お金と幸せに変えていく6つのステップ』をお届けしています♪

この特別特典は、僕が5年以上クライアントをサポートしてきた中で体系化した、認知科学とビジネス戦略に基づいた6つのステップです。

23分を超える濃い音声となっていますので、ぜひ何度も聴いてあなたのマインドに落とし込んで
ください。

LINE友だち追加をして特別特典を受け取る↓

体験セッションのお申込みはこちら

「コーチングに興味がある」

「コーチングを受けてみたい」

「とにかく現状を変えたい」

という方は、まずは以下のページから毎月5名限定の体験セッション受講をご検討ください。なお、コーチング本コースのご案内はさせていただきますが、お申込み義務はありませんので、ご安心ください。

 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA