Oct 8, 2018

「やらないこと」を決めて、本当にやりたい重要なことに集中する3ステップ


 

こんにちは!
フローコーチング石川直樹です。

先日、ふと書店で手に取った
『やらないこと戦略』
という本。

これ、良かったです。

つまり、

やることをリストアップ
していたらキリがなくなるので、
まずやらないことを決めましょう

という内容です。

そこで書かれていた
「やらないことリスト」
の具体的な作り方をシェアします。

作り方、と言っても簡単です。

1.
まず、やりたいこと、
やるべきことをリストアップする

2.
優先順位をつける

3.
優先順位が4番以下を
「やらないことリスト」
に入れる

はい、これで完了です。

忙しい経営者の方から、
会社員、主婦の方まで、
これは有効です。

なぜなら、
経営者の方であれば、
パレートの法則により、
80%の売上は20%の仕事が
生み出していると
言えるからです。

会社員の方でも、
主婦の方でも、
生産性を上げるという意味では
同じです。

もちろん、
プライベートでも生産性
というのは関わってきますから。

やらないことを決める、
すなわち、本当に重要なことに
選択と集中をする、というのは
めちゃくちゃ大事です。

例えば、
休日朝8時に起きて
顔を洗って朝食を済ませて、
家事をして、と、
いろいろやっているうちに
もうお昼になってしまった。

お昼ごはんを済ませて、
眠くなって昼寝して、
スマホでネットサーフィン
してたらもう夕方。

やっと、やろうとしていた
ことに取り組み始めて、
2~3時間やれたと思ったら
もう夕食の時間。

片づけなど諸々で一日は
既に終わりに近づいている。

と言った経験はありませんか?

僕のクライアントさんの
とある主婦(経営者でもある)
の方は、

「いつも家事で時間が取られて
しまうので、家事を後回しにして
朝から自分のやりたいことに専念
したら、すごく生産性が高まりました」

と、ご報告してくれたことが
あります。

特に家事というのは誰かが
やらなくてはいけないし、
後回しにしていたら
気持ち悪いという気持ちも
分かります。

でも、
本当に重要なやりたいことに
集中する時間の価値の方が
大事です。

特に家事のしわ寄せを食らっている
主婦の方は、家事を思い切って
サボると、旦那さんがやってくれたり
お子さんがやってくれるように
なったりします。

やらなくてもいいことは
ほどほどにサボっていいんです。

そして、
本当に重要なやりたいことに
自分の持つすべてのリソースを
投下しましょう。

これは、事業経営においても
重要な考え方です。

例えば僕のような仕事では、
サイトやコンテンツの細かい
デザインや、セミナーやセッションの
具体的な内容に、

気付いたら1~2時間
も拘ってしまうといったことも
あります。

でも、そういうことよりも、
クライアントがゴールを達成する
ことが第一です。

そのために必ずしも必要でない
ことは、思い切ってサボるように
しています。

そういうことは、
人に任せればいいですしね。

とは言え、
「本当にやるべき重要なこと」
に集中するためには、

本当にやるべき
重要なこととは何か

が明確になっている必要が
あります。

これはゴールがしっかり設定
できていないと不可能です。

結局はゴール設定に
行き着きます。(笑)

あなたの今日やるべき本当に重要な
ことは何ですか?

 

 

【オンライン動画講座】全7回の動画講座+8つの特別特典がついてくるコーチング講座はこちら!

LINE友だち追加特典プレゼント中!

LINEを友だち追加していただくと、最新記事を最速で読むことが出来ます。

さらに、友だち追加してくれたお礼に、特別特典『あなたの本当にやりたいことを明確化してビジネスに変え、お金と幸せに変えていく6つのステップ』をお届けしています♪

この特別特典は、僕が5年以上クライアントをサポートしてきた中で体系化した、認知科学とビジネス戦略に基づいた6つのステップです。

23分を超える濃い音声となっていますので、ぜひ何度も聴いてあなたのマインドに落とし込んで
ください。

LINE友だち追加をして特別特典を受け取る↓

体験セッションのお申込みはこちら

「コーチングに興味がある」

「コーチングを受けてみたい」

「とにかく現状を変えたい」

という方は、まずは以下のページから毎月5名限定の体験セッション受講をご検討ください。なお、コーチング本コースのご案内はさせていただきますが、お申込み義務はありませんので、ご安心ください。

 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA