Jun 20, 2018

【ワーク】Want toの純度を測るワークをご紹介します


 

こんにちは!
フローコーチング石川直樹です。

昨日、メルマガ読者の方からこんなご意見をいただきました。

「100%want to の生活って、あまり臨場感がわきません」

というものです。

確かに、いきなり
「Want to 100%のライフスタイル」
と言われてもピンと
来ないかもしれません。

なので今日は、
「Want to 100%のライフスタイル」

とはどんなものか?
について具体的にお伝えしますね!

「Want to 100%のライフスタイル」とは、

文字通り、
日々の生活すべてが、
24時間365日が、
Want to、つまりやりたいこと
で満たされた生活だ
ということです。

「やりたいこと」というと
ちょっと語弊があるかもしれません。

寝たいから寝る
お酒飲みたいから飲む
浪費したいから浪費する

という抽象度の低い
「やりたいこと」
ばかりやっていては、いずれ
破たんしてしまいます。

ですから、

Want toというのは、

「ゴールに合致している
ことすべて」

だと認識してください。

つまり、

「Want to 100%の
ライフスタイル」
というのは、

やることなすことすべてが、
自分で設定したゴールに
合致しているという状態

のことを指します。

ここで、あなたのWant to純度を考えてみましょう。

まず、あなたの日常生活で行うことをすべて
書き出してください。

そして、それぞれにかかる所要時間も書き出します。

仕事へ行く(8時間)
通勤電車ではニュースを読む(2時間)
昼食はコンビニで同僚と雑談
しながら済ませる(1時間)
帰宅して夕食(1時間)
テレビを観る(2時間)
シャワーを浴びる(0.5時間)
ネットサーフィンする(2.5時間)
眠くなったら寝る(7時間)

簡単に思い浮かべるだけ
でも結構です。

ここで、あなたのゴールに合致しているか否か
を○か×で採点してください。

×仕事へ行く(8時間)
○通勤電車ではニュースを読む(2時間)
×昼食はコンビニで同僚と雑談
しながら済ませる(1時間)
○帰宅して夕食(1時間)
×テレビを観る(2時間)
○シャワーを浴びる(0.5時間)
×ネットサーフィンする(2.5時間)
○眠くなったら寝る(7時間)

○に該当した時間量を
足し合わせると、10.5時間になるので、

Want to度は約47%となります。

もちろん、

「仕事はファイナンスのゴールと
しても機能しているのだから、
一概には×とは言えないなぁ」

という疑問も出てくるとは
思います。

こういう時は、
「仕事それ自体はWant toであると何%言えるか?」

を感覚的に数値化してみてください。

例えば
「仕事は50%はWant toだ!」
という場合は、
所要時間の50%である4時間を
Want to時間に計上します。

いかがでしょうか?

意外にも、
have to(~ねばならない)
の時間を過ごしていることに
気付かれるのではないでしょうか?

これをWant to100%
なるようにしていきましょう。

そうすれば、幸福度が上がり、
あなたのゴール達成は時間の問題となります。

ただし、
100%になってとしても、注意が必要です。

それは、
「ゴールが現状の内側じゃないか?」
ということです。

正しいゴール設定は、現状の外側に行います。

つまり、
現状がこのまま続いても
絶対に達成できないような
高いゴールである必要が
ある
、ということです。

そもそものゴール設定が間違っていたら、

せっかくWant to度が100%だったとしても、

現状維持の人生を歩み続けることになりますので、

「結果的に、大して何も変わらない」

という未来になってしまいます。

ですから、
「そもそもゴール設定は適切か?」
ということも、併せて検討して
みてくださいね。

 

それでは、また!

 

【オンライン動画講座】全7回の動画講座+8つの特別特典がついてくるコーチング講座はこちら!

LINE友だち追加特典プレゼント中!

LINEを友だち追加していただくと、最新記事を最速で読むことが出来ます。

さらに、友だち追加してくれたお礼に、特別特典『あなたの本当にやりたいことを明確化してビジネスに変え、お金と幸せに変えていく6つのステップ』をお届けしています♪

この特別特典は、僕が5年以上クライアントをサポートしてきた中で体系化した、認知科学とビジネス戦略に基づいた6つのステップです。

23分を超える濃い音声となっていますので、ぜひ何度も聴いてあなたのマインドに落とし込んで
ください。

LINE友だち追加をして特別特典を受け取る↓

体験セッションのお申込みはこちら

「コーチングに興味がある」

「コーチングを受けてみたい」

「とにかく現状を変えたい」

という方は、まずは以下のページから毎月5名限定の体験セッション受講をご検討ください。なお、コーチング本コースのご案内はさせていただきますが、お申込み義務はありませんので、ご安心ください。

 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA